株式会社グローアップエンジニアリングポリエチレンライニング工法(PFL工法)・円形カッター工法(GMラウンドカッター工法)
地中送配電線工事、一般土木工事施工の
グローアップエンジニアリング

facebookページへ

  • 会社案内
  • アクセス
  • サイトマップ
  • 24h緊急班06-6475-4803
  • HOME
  • 技術紹介

技術紹介

PFL工法・ポリエチレンライニング工法

PFL工法・ポリエチレンライニング工法
(人孔管路内面更生工法・耐震対策)
既設老朽人孔内面に補強材を取り付けその後、高密度ポリエチレン製のPFLパネルを設置し、既設人孔とPFLパネルとの隙間に高強度高流動の注入材を注入することで、老朽人孔を更生する工法です。また高強度を有することで、耐震対策にも効果を上げております。

PFL工法・ポリエチレンライニング工法

GMラウンドカッター工法

GMラウンドカッター工法(円形金蓋修繕工法)
円形切断操作により、構造・操作共にシンプルで容易に操作することが出来るGMラウンドカッターを用して、マンホール周囲を円形に切断することで影響範囲を必要最小限にし、切断・撤去・復旧・交通開放までの工程を一連化し、施工途中における仮復旧をなくし、マンホール金蓋の取替工事を高品質で安価で施工しております。

GMラウンドカッター工法

地中送配電工事

電線の地中化技術
近年市街地に於いて、安全で快適な歩行者空間の確保、都市災害の防止、都市景観の向上等の観点と社会的要請から電線の地中化が推進されて来ました。当社は多岐に亘る地中線を駆使してまた先端工法の採用と共に、新技術の開発にも力を注いで努力をしております。

地中送配電工事

一般土木工事

広く住みよい社会づくり
当社は従来、地中送配電線工事をメインに施工実績を積んで来ましたが、大阪市此花区において公共工事での一般土木工事の施工実績を挙げて参りました。今後は、この技術能力をもとに、地域貢献を目指して広く住みよい社会づくりにも努力進出していく所存です。

一般土木工事

TOPに戻る